パッカー車を中古で売買しよう!おすすめ6サイト


ホーム > パッカー車の情報 > 中古のパッカー車を購入する場合のポイント

中古のパッカー車を購入する場合のポイント

 パッカー車としてゴミ収集車の購入を検討する場合、新車で購入するか中古で購入するかを選ぶ必要があります。その中でも費用面をよりリーズナブルに抑えたいという人であれば、中古車を購入するのがおすすめですよね。新車よりも安く購入出来ますが、中古車の場合は様々なポイントを抑えて選ぶことが重要になってきますよ。ではまずチェックすべきポイントの1つとして、ゴミの収集方法や排出方法の確認があります。同じパッカー車であっても収集方法や排出方法によって集めるゴミにも向き不向きがあります。収集方法としてはプレス式や回転式の他に、ロータリー式などがあります。より多くのゴミを収集したいという場合であれば、プレス式が一番よいですね。2段階の圧縮工程を経てゴミを荷箱に押し込むので、多くのゴミを集められますよ。

 また排出方法も押し出しタイプとダンプ式タイプなどもあるので、その手もしっかりチェックすることが大切ですね。排出方法の中でも押し出しタイプは、排出板が奥からゴミを押し出してくれるので、小さいゴミなども残さず綺麗にだすことができますよ。そのため集積方法だけでなく排出方法も選ぶポイントの1つですね。次にパッカー車自体の集積量などもチェックが必要ですよ。小型タイプと中型タイプは、積載量自体は平均して2トン前後になりますね。ですが車体自体は小型の方が小さいので、集積量が2トン前後でよいのであれば小型車を選ぶと費用を抑えることができますね。またより多くのゴミを収集できるタイプは大型タイプになり、平均して4トンものゴミを集められますよ。収集車の種類によっては7トンもの大量のゴミを集めることもできます。

 ただし大型車自体は中古車で販売している事は少ないので、見つけるためには根気強く探すことが必要になってきますよ。最後のポイントとして、平均して費用がどれくらい必要がという点を把握しておくことも大切ですね。パッカー車の小型タイプであれば、150万から500万の間で購入できると思いますよ。次に中型タイプの場合は200万から600万前後ほどが平均予算となります。小型タイプと中型タイプは積載量自体に殆ど違いはないので、決めるポイントとして費用面を考慮すると良いですね。よりゴミが収集できる大型タイプの場合は、平均して800万前後になりますよ。集積量が小型タイプや中型タイプに比べてぐっと多くなるので、予算もそれなりに必要になります。これらのポイントをしっかり把握したうえで、ゴミ収集車を選ぶことが大切になってきますよ。

次の記事へ

カテゴリー

PAGETOP