パッカー車を中古で売買しよう!おすすめ6サイト


ホーム > パッカー車の情報 > パッカー車を運転する為に必要な免許や特徴について

パッカー車を運転する為に必要な免許や特徴について

 パッカー車とはあまりなじみのない名前ですが、ゴミ収集車と聞くとだれもがイメージしやすいですよね。ゴミを特殊な機械で圧縮しながら集めることができる特殊用な自動車になり、パッカー車のほかに塵芥収集車とも呼ばれているタイプの働く車になりますよ。では実施にこのパッカー車を運転する場合に必要な免許ですが、まずはパッカー車自体の大きさによって変わってきます。まず重量5トン未満であり積載量も3トン未満で定員10名以下の場合は、普通免許での運転が可能になります。パッカー車でも小型タイプになりますね。次に重量が5トンから11トンになり、積載量も3トンから6トンタイプがあります。定員も11名から29名と多い場合は、必要な免許は中型免許になります。所有していない人は、新たに免許取得が必要になりますね。

 パッカー車の中でも中型タイプから大型タイプになります。最後に重量が11トン以上になり、積載量も6.5トン以上と多いタイプがあります。定員も30名以上タイプになってくると、免許自体も大型免許が必要になってきます。ただしよく街で見かけるゴミ収集車などは、小型タイプが主流になっています。そのため普通免許で運転が可能になります。ただしマニュアル車がおおいので、オートマのみの免許の場合は運転できない場合があるので注意ですよ。また準新型免許制度もあるので、しっかり免許は確認して利用することが大切ですね。では次にパッカー車自体の特徴ですが、まず積載されたゴミの収集方法も3つのタイプに分けられますよ。まず1つ目がプレス式タイプがあります。これは2段階に分けてゴミを小さく圧縮し、荷箱に積載していくタイプになります。

 ゴミをより小さく圧縮して集積していくので、パワーも強く荷箱に大量にゴミを集めることができるタイプになますよ。次に回転式タイプがあります。プレス式よりは圧縮のパワーは小さくなりますが、それでもしっかり荷箱にゴミを押し込んでくれるので、ゴミ収集車では多く見られるタイプの1つですね。最後のロータリー式タイプがあり、これは連続的にゴミを収集することができるタイプになります。圧縮パワーは3つのタイプの中でも一番小さいですが、作業効率を考えると効果的と言えますね。その他に集積したゴミの排出方法も、押し出し式タイプとダンプ式タイプの2つがありますよ。押し出し式は排泄板がゴミを押し出してくれるタイプになり、ダンプ式は荷台が持ち上がりスライドさせてゴミを排出します。このようにパッカー車を運転するための必要な免許の種類や、特徴自体にも色々と種類があることが分かりますね。

カテゴリー

PAGETOP