パッカー車を中古で売買しよう!おすすめ6サイト


ホーム > パッカー車の情報 > パッカー車は清掃などで利用されている特殊車両とは

パッカー車は清掃などで利用されている特殊車両とは

 パッカー車とは、清掃などで使われている特殊車両のことです。ゴミ収集車がもっとも一般的です。パッカー車という名称の由来に関しては、様々なものがあります。アメリカで詰め込むを意味するパックという説やゴミを車に放り込む様子から来ているという説なども有力です。パックオール車というゴミ収集車から来ているという説などもあります。パッカー車は、ロータリー式とプレス式、回転板式などがあります。ロータリー式は、積載量が少ないことからほとんど使われていないとされています。また、現在では圧縮力があるプレス式が多く流通しています。ゴミの積載量に関しては、2t車で大体1~1.5t程度までゴミを積むことが出来るとされています。それ以上に積むと法令違反になってしまうことがあります。

 パッカー車の排出形式は、2種類あります。押し出し式とダンプ式です。また、ゴミ袋1千袋程度は2t車で積むことが出来るとされています。価格に関しては、小型で150万円~500万円程度です。中型で、200万円~600万円くらいとなっています。大型では、800万円程度が相場です。実際に購入するという場合には、塗装や新しさで購入するのではなく機能性で購入することがとても大事です。その際には、先端がすり減っていないかなどをきちんと確認する必要性があります。現在では、多くの中古パッカー車が市場に流通しています。そのため、きちんと調べてから購入することがとても大事です。自動車の状態などをチェックしておくことで、価格に見合う車なのかを判断していくことが出来ます。様々な中古車があります。

 機能や性能をしっかりとチェックしておくことで、最適なパッカー車を見つけていくことが出来ます。どんな状態なのかで判断していくということであれば、実際に自動車を見せてもらうことなども大事です。安い買い物では無いということから、時間をかけて自動車を選択することが大事です。販売実績がある業者などは、きちんとした査定をしてから価格を付けています。そのため、性能や状態なども価格と比例している場合が多いです。安くても故障しやすい自動車を購入してしまっては意味が無いので自動車の状態を見極めてから買うことが大事です。様々な自動車を見ていくことで、本当に購入するべき価値がある中古車なども自然と分かってきます。また、購入する上で大切なポイントを知っておくことも大事です。状態は、性能に大きな影響を与えます。

次の記事へ

カテゴリー

PAGETOP