パッカー車を中古で売買しよう!おすすめ6サイト


ホーム > パッカー車の情報 > パッカー車の集積内容に合わせた大きさ選び

パッカー車の集積内容に合わせた大きさ選び

 パッカー車はゴミ収集車の事であり、たくさんのゴミを荷箱に収集することができる特殊な車の1つですね。普段の生活の中ででたゴミを捨てた時に、収集車が集めてくれるの見たことがある人も多いと思いますが、収集車にも様々な大きさなどがあり荷箱に収集できるゴミの多さなどにも違いがありまよ。まず一般的にゴミを収集する時に見かけるパッカー車は、小型ゴミ収集車タイプになります。一般家庭ゴミの他に事業ゴミなどの収集を行っており、最大積載量は平均して2トン程になりますよ。車体総重量自体も6.5トン前後と小さいタイプになります。家庭ゴミの収集を行う場合は、裏路地など狭い道路を通ることもありますよね。そのため収集車となるパッカー車自体も、小型で小さいタイプが多く活躍しているといえますね。

 ゴミ収集車の中でも、集積する種類として一般廃棄物の他にプラスチック廃や木くずなどを集める物があります。その他には産業廃棄物なども集めることに使われタイプは、小型よりも一回り大きくなる中型ゴミ収集車タイプになりますよ。小型車よりも一回り大きくなるので、車体総重量自体も約8トンと大きくなります。ただし収集するゴミ自体がプラスチックや木くずといったものになるため、最大積載量自体は平均して2トン前後になります。総重量自体は小型と変わりませんが、プレス式や回転式であれば多くのゴミを収集することが可能ですね。車体自体も小型に比べて大きくなるので、家庭ゴミなどを集めるためには広い道路を通る必要があります。そのため狭い裏路地といった場所の収集には不向きな種類となりますね。

 小型タイプと中型タイプは、車体自体の大きさなどの差はありますが集積自体の差はあまりないという点がありましたよね。ですが大型になると、ぐっと大きくなり集積量なども増えていきますよ。大型の収集車の最大積載量ですが、平均して4トン以上になります。そのため大量のゴミを一度に収集することが可能ですね。また種類によっては最大積載量が7トンを超えるタイプもあるので、より大きなゴミを一度に運ぶことができるという点では大型車は効率的にもよいと言えますね。ただしパッカー車の中でも大型タイプは種類が少ないという点があります。企業があえて製造を依頼して作ってもらうという事も多いので、一般的に出回る事は殆どないタイプの収集車と言えます。そのためもし購入を検討している場合は、中古車などで見つけるのは困難なのでメーカーに問い合わせるなどの対応が必要になってきますよ。

次の記事へ

カテゴリー

PAGETOP