パッカー車を中古で売買しよう!おすすめ6サイト


ホーム > パッカー車の情報 > パッカー車の特徴であるゴミの排出方法の違いについて

パッカー車の特徴であるゴミの排出方法の違いについて

 パッカー車は不安生活する中で出たゴミを、収集するための機能に優れた車になります。ゴミ収集する種類としては、家庭ゴミや企業ゴミの他に粗大ゴミなどがありますが、ゴミの種類によってより特徴にあったパッカー車を活用するのがポイントになりますよ。一番圧縮能力の高いプレス式タイプであれば、冷蔵庫やテレビであっても小さく粉砕し圧縮して収集することが可能ですよ。そのため粗大ゴミの回収に適しているパッカー車と言えますね。そのほかに回転式やトーラリー式などがあり、それぞれ圧縮方法の特徴なども違うので色々と使い分けられています。また収集方法に違いがあるのと同じように、収集したゴミを排出する方法にも2つ程種類がありますよ。排出方法の違いによっても特徴が違ってくるので、しっかり違いを理解することもポイントですね。

 実際に排出方法は2つありますが、1つ目の方法となるのが押し出し式になります。押し出し式タイプは、集積する一番奥に排出板があるのが特徴になります。一番奥に排出番があり、排出を行う際に排出番が圧縮されたゴミを押し出す働きをしてくれますよ。そのため小さく圧縮されたゴミであっても、一番奥から綺麗に押し出すことが可能になります。排出方法の中でも排出力に優れているタイプになり、ゴミを荷箱内に残すということがなくなります。そのため中に人が入って残ったゴミをかきだすといった手間もかからずに済みますね。綺麗に排出することでゴミが残らないので、パッカー車に荷箱内を清潔に保つ効果もありますね。ゴミ収集車自体はゴミを集める車になるので臭いなどが気になりますが、綺麗に排出されることで臭いの素となるゴミがなくなるので臭いが残らずに済みますね。

 パッカー車の排出方法の2つ目の方法として、ダンプ式タイプがありますよ。ダンプカーを想像してもらえると分かりやすいですが、荷箱自体がダンプアップされるタイプになります。荷箱の片方が持ち上がるので、結果として傾斜ができてゴミが自動的に下に落ちてくる仕組みになります。ゴミが自動的に下に落とされる形になりますが、小さいゴミなどが荷箱に残ってしまうという点がありますね。そのため荷箱に残ってしまったゴミは、人が中に入ってホウキでかきだすなどの対応が必要になりますよ。ただし軽量ゴミなどを収集するように使用することが多い回転式タイプのパッカー車での利用の場合は、ゴミ自体が軽量なので排出もスムーズに行うことができますよ。そのため回転式タイプのパッカー車の場合は、ダンプ式の排出タイプは相性が良いと言えますね。

次の記事へ

カテゴリー

PAGETOP