パッカー車を中古で売買しよう!おすすめ6サイト


ホーム > パッカー車の情報 > パッカー車の圧縮形式の種類について

パッカー車の圧縮形式の種類について

 生活する中で出たゴミは、生活する地域の決まりに合わせて分別して捨てることになります。捨てる曜日だけでなく使用する袋なども指定されていることが多いですが、家庭や店舗や企業から出たゴミを集める収集専用の乗り物がありますよね。ゴミ収集車となる乗り物は一般にはパッカーや塵芥と呼ばれる種類になります。集めたゴミ自体は収集車後部にある圧縮装置で小さくまとめられて、多くのゴミを一度に集めることができる仕組みになっていますよ。この圧縮形式自体は3つの種類があり、1つ目はプレス式タイプがあります。プレス式は2段階で小さくまとめられて収集されるタイプになり、多くの人が見かけたことのあるタイプのパッカー車の1つですね。投入口にあるプレスプレートが最初にゴミを小さく潰していきます、その後は奥に押入れながらサイド小さく圧縮されるタイプになります。冷蔵庫なども潰すことができるハイパワー型タイプの1つですね。

 2つの目圧縮形式タイプとして、回転板式がありますよ。プレス式に比べると圧縮する力は小さいですが、ゴミを重ねて集めることができるタイプになります。回転板がゴミをかき集めながら、奥へと集めていく感じになりますね。プレス式と比べて圧縮が小さいタイプになるので、収容できるゴミの容量はすくなくなるという点があげられます。そのためパッカー車として使用される場合、粗大ごみ用の収集車として使用されることは少ないです。逆に小さいゴミであれば十分収集することができるので、剪定作業後にでた枝や葉を集める時に活躍しているタイプの収集車の1つになりますよ。利用される場面としては家庭ゴミや事業ゴミの他に、木くずや繊維くずなどを集める時に利用されることが多いタイプのパッカー車の種類になりまね。

 最後に収集車の圧縮タイプとして、ロータリー式がありますよ。別の名前で荷箱回転式とも呼ばれている収集車になります。ロータリー式は大きな円柱型ドラムが回転しているのが特徴になります。円柱型のドラムが回転していることで、ゴミがゆっくりと荷箱に移動していき押し込まれていくタイプになりますよ。3種類ある圧縮タイプの中でも、プレス式や回転板式に比べてもっとも圧縮する力が小さいタイプになります。そのため収容できるゴミの数は一番少ないと言えますね。ただし特徴の1つとして、連続的にゴミを入れ続けることができると言う点がありますよ。プレス機や回転式の場合は、最初に入れがゴミが中に押し込まれるまで次のゴミは待機している状態になります。ですがロータリー式の場合はつねに円柱型ドラムが回転しているので、継続的にゴミが中に押し込まれていきます。そのため連続的にゴミを収集する能力が一番すぐれていると言えますね。

次の記事へ

カテゴリー

PAGETOP